おしらせ

北杜市の資料館 ご案内
北杜市の資料館 常設展示

北杜市郷土資料館
平成30年度企画展「北杜に汽笛が響いた日―やってきた鉄道と近代化―」開催中 詳細はこちらから
北杜市考古資料館
「21世紀の縄文人展2018」開催中 詳細はこちらから
八ヶ岳定住自立圏共生ビジョン資料館連携事業
三館合同企画展
「一・二・三・四 縄文ライフ ~縄文人と数~」開催中 詳細はこちらから
北杜市考古資料館より常設展示変更のおしらせ
「津金御所前遺跡顔面把手付土器」*1と「金生遺跡中空土偶」*2は、6月14日より当館では展示をしておりません。
上記資料貸し出しに伴い、常設の展示を一部変更させていただいております。
ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
*1 *2の土器は、7月3日から9月2日まで東京国立博物館 特別展「縄文―1万年の美の鼓動」に展示中!

浅川伯教・巧兄弟資料館/ほくと先人室より臨時休館のおしらせ
9月3日(月)から9月18日(火)まで臨時休館いたします。
*併設施設のたかね図書館において蔵書整理が行われるため、高根生涯学習センターすべてが休館となります。


参加者募集中!




北杜市内の観光情報は、こちらから→北杜の観光ガイド









  

































2018年2月18日日曜日

昔のくらし(北杜市立長坂小学校3年生)

北杜市郷土資料館に一番近いところにある長坂小学校3年生のみなさんが、「昔のくらし学習」のために、3年1組は2月15日に、2組は16日に来館しました。
(両日の授業の流れにそって写真を掲載します)



【山国の秋】
最初は・・・
 みんなの住んでいる長坂町から八ケ岳を描いた絵です。
とても有名な画家が学生のころに描いた絵です。
この絵の中には、今日の学習のヒントがたくさん描かれています。

【民家展示室】




昔の家は、ガラス戸ではなく、
障子と板戸(雨戸)を使っていました。
「寒くなかったのかなぁ?」





家の中に入ってみました。
みんながいる場所は”土間”と言います。



いろりの周りには、いろいろな道具が置いてあります。
昔の家は家族の座る場所が決まっていました。
置いてある道具から、おとうさん、おかあさん、こどもたちはどこに座っていたか分かりますか?

これは?
 (くつろぎながら)道具をスケッチ!













この道具の使い方を説明しましょう!


【2階展示室】
(すみません。写真はありません。)
3年生のみなさんは、商店街を実際に歩いて探検したことがあるそうです。
写真の中には、お友だちの家も写っているので、楽しそうに説明をきいていました。

【石臼体験】
石臼の説明をききました。

みんなで育てた大豆がきな粉になりますよ!






できあがったきな粉を袋にいれます。
こぼさないようにね。
最初は ”いしうすで きなこづくりは たいへんだ”
でしたが、
”いしうすで きなこづくりは たのしいね”
で、まとまりました!😄

おつかれさまでした

0 件のコメント:

コメントを投稿