おしらせ

北杜市の資料館 ご案内
北杜市の資料館 常設展示

北杜市郷土資料館
平成30年度企画展「北杜に汽笛が響いた日―やってきた鉄道と近代化―」開催中 詳細はこちらから
北杜市考古資料館
「21世紀の縄文人展2018」開催中 詳細はこちらから
八ヶ岳定住自立圏共生ビジョン資料館連携事業
三館合同企画展
「一・二・三・四 縄文ライフ ~縄文人と数~」開催中 詳細はこちらから
北杜市考古資料館より常設展示変更のおしらせ
「津金御所前遺跡顔面把手付土器」*1と「金生遺跡中空土偶」*2は、6月14日より当館では展示をしておりません。
上記資料貸し出しに伴い、常設の展示を一部変更させていただいております。
ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
*1 *2の土器は、7月3日から9月2日まで東京国立博物館 特別展「縄文―1万年の美の鼓動」に展示中!

浅川伯教・巧兄弟資料館/ほくと先人室より臨時休館のおしらせ
9月3日(月)から9月18日(火)まで臨時休館いたします。
*併設施設のたかね図書館において蔵書整理が行われるため、高根生涯学習センターすべてが休館となります。


参加者募集中!




北杜市内の観光情報は、こちらから→北杜の観光ガイド









  

































2014年8月29日金曜日

「土笛づくり」

北杜市内の小中学校は、夏休みもおわり、二学期が始まりました。
北杜市考古資料館で行われました”夏休み体験教室「土笛づくり」”の様子をお伝えします。
最初に、講師の宇々地(うーじ)さんから、土笛の作り方や、音の出し方を教わりました。

さあ、創作開始です。

竹のヘラを使って、模様をつけたり、

指を使って、空洞を作ったり。
粘土板の上にあるのは、縄文の模様をつけるヒモですね。

「次はどんな模様にしようかな?」

みんなの作品がテーブルいっぱいにならんでいます。

このまま1週間乾燥させます。


みんなが、待ちに待った野焼きの日は、朝からあいにくの雨。残念なことに、この日の教室は中止になってしまいました。


後日、資料館の人が、みんなの作品を焼いて、仕上げてくれました。
どんな、音がでるのかな?

0 件のコメント:

コメントを投稿