おしらせ

北杜市の資料館 ご案内(施設概要)
北杜市の資料館 常設展示
【おねがい】
北杜市の資料館では、冬の地球温暖化対策の一つとして、暖房設備の温度設定を20℃にしています。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
なお、平田家住宅には、暖房設備がございませんので、ご来館の際は、あたたかい服装でお願いいたします。
北杜市郷土資料館
平成30年度収蔵資料展「わら-藁-の道具」開催中詳細はこちらから
北杜市考古資料館
平成30年度企画展「縄文人が埋めたモノ」開催中詳細はこちらから
八ヶ岳定住自立圏共生ビジョン資料館連携事業
「一・二・三・四 縄文ライフ ~縄文人と数~」
11月25日をもって終了いたしました。
スタンプラリーの景品交換は、3月末までとなります。
浅川伯教・巧兄弟資料館よりおしらせです
常設展示リニューアルいたしました。
浅川伯教・巧兄弟資料館カレンダー(クリック)
平田家住宅よりおしらせ
11月より3月までは冬季開館日程となります。
開館日は、水・土・日・祝日のみとなります。
  *開館時間の変更はございません。

参加者募集中!
こちらをクリック→参加者募集
  
北杜市HP消防・防災関連 こちらから→土砂災害警戒ハザードマップと避難地、避­難所一覧

北杜市内の観光情報は、こちらから→北杜の観光ガイド


P.S.YさんのサイトからFM八ヶ岳「大森たつしの八ヶ岳ミステリーツアー」視聴できます こちら(Webtoday)から!







  




































































2015年11月20日金曜日

ふるさと講座「山梨の土偶を見る旅①」

11月14日(土)、あいにくの雨に見舞われましたが、ふるさと講座を実施しました。
今回は、近年感心が深まっている”土偶”に注目をした旅を企画しました。
最初に笛吹市境川町内の「一の沢遺跡」を見学しました。
この遺跡からは、”いっちゃん”の愛称で親しまれている土偶が出土しています。

次に、「縄文の美―世界に誇るJOMON芸術―」が開催されている山梨県立考古博物館を見学しました。











出土した土偶をさわらせてもらいました。











次に訪れたのは、南アルプス市の「鋳物師屋(いもじや)遺跡」、「「長田口遺跡」、「北原C遺跡」です。
朝からの雨で、傘をさしての見学になりました。
 


「鋳物師屋遺跡」といえば!
国指定重要文化財に指定されています”円錐形土偶”ですね。

次は、その”土偶”に会いに、「南アルプス市ふるさと伝承館」へ行きました。

出迎えてくれたのは、どぐキャラ総選挙2015で、みごと1位に輝いた!”ラヴィちゃん”
1位 おめでとう!



担当者の説明を熱心にきく参加者のみなさん

山梨は、”土偶の宝庫”です。
今回の旅で、出会った”土偶”は、ほんの一部でしたが、造形のすばらしさに感激した旅になったようです。



次回のふるさと講座は12月12日(土)に実施します。
定員に達しましたので、募集は締め切らせていただきました。
たくさんのお申込みありがとうございました。




山梨県立考古博物館にて開催中の特別展は、11月23日(月・祝)までです。
詳細は左の画像をクリックしてください。


0 件のコメント:

コメントを投稿