おしらせ

北杜市の資料館 ご案内
北杜市の資料館 常設展示

北杜市郷土資料館
平成30年度企画展「北杜に汽笛が響いた日―やってきた鉄道と近代化―」開催中 詳細はこちらから
北杜市考古資料館
「21世紀の縄文人展2018」開催中 詳細はこちらから
八ヶ岳定住自立圏共生ビジョン資料館連携事業
三館合同企画展
「一・二・三・四 縄文ライフ ~縄文人と数~」開催中 詳細はこちらから
北杜市考古資料館より常設展示変更のおしらせ
「津金御所前遺跡顔面把手付土器」*1と「金生遺跡中空土偶」*2は、6月14日より当館では展示をしておりません。
上記資料貸し出しに伴い、常設の展示を一部変更させていただいております。
ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
*1 *2の土器は、7月3日から9月2日まで東京国立博物館 特別展「縄文―1万年の美の鼓動」に展示中!

浅川伯教・巧兄弟資料館/ほくと先人室より臨時休館のおしらせ
9月3日(月)から9月18日(火)まで臨時休館いたします。
*併設施設のたかね図書館において蔵書整理が行われるため、高根生涯学習センターすべてが休館となります。


参加者募集中!




北杜市内の観光情報は、こちらから→北杜の観光ガイド









  

































2015年11月20日金曜日

ふるさと講座「山梨の土偶を見る旅①」

11月14日(土)、あいにくの雨に見舞われましたが、ふるさと講座を実施しました。
今回は、近年感心が深まっている”土偶”に注目をした旅を企画しました。
最初に笛吹市境川町内の「一の沢遺跡」を見学しました。
この遺跡からは、”いっちゃん”の愛称で親しまれている土偶が出土しています。

次に、「縄文の美―世界に誇るJOMON芸術―」が開催されている山梨県立考古博物館を見学しました。











出土した土偶をさわらせてもらいました。











次に訪れたのは、南アルプス市の「鋳物師屋(いもじや)遺跡」、「「長田口遺跡」、「北原C遺跡」です。
朝からの雨で、傘をさしての見学になりました。
 


「鋳物師屋遺跡」といえば!
国指定重要文化財に指定されています”円錐形土偶”ですね。

次は、その”土偶”に会いに、「南アルプス市ふるさと伝承館」へ行きました。

出迎えてくれたのは、どぐキャラ総選挙2015で、みごと1位に輝いた!”ラヴィちゃん”
1位 おめでとう!



担当者の説明を熱心にきく参加者のみなさん

山梨は、”土偶の宝庫”です。
今回の旅で、出会った”土偶”は、ほんの一部でしたが、造形のすばらしさに感激した旅になったようです。



次回のふるさと講座は12月12日(土)に実施します。
定員に達しましたので、募集は締め切らせていただきました。
たくさんのお申込みありがとうございました。




山梨県立考古博物館にて開催中の特別展は、11月23日(月・祝)までです。
詳細は左の画像をクリックしてください。


0 件のコメント:

コメントを投稿